excitemusic

時に自分にツッコミを入れ、時に社会にツッコミを入れる。そういう人に私はなりたい。
by poppoyalawrence
ICELANDia
以前の記事
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ゴッドファーザー

さて、大学生は春休みな時期がやってきましたがいかがお過ごしでしょう。




有意義に過ごされていますか?





または、休みどころか修羅場の真っ最中でしょうか。





どなた様も、充実した時間を過ごされていると良いですね。







え?







・・・・・・俺ですか?








えーっと。










引き篭もりに決まってるじゃん。ぽっぽやです。











今日のお題はマイファーザー。






彼は未だもって俺が全貌をつかめない謎の人です。


その例を幾つか挙げてみると。






1、


居間で、親父がMDを聞いていたときのこと。




♪こなああああああああぁぁぁぁぁぁゆきいいいぃぃぃ ねぇ?♪






俺「お、『粉雪』か。」





親父「ああ。いい曲だよなー。










   レミオメロン





・・・・・・。







俺「・・・・・・レミオロメンだ。」






親父「え、マジか?」





肝心なところで間違える。これがぽっぽや父クオリティー。




単身赴任で東京に長いこといたため、J-POPに俺より遥かに明るいのだが。




妙なところを押さえていない・・・。





何だよ、メロンって。








2、




食卓で共に飲んでいたときのこと。




話題は就職のことだったのですが。



俺「そういや親父。あんた人事だったよな?」

親父「ああ。」

俺「具体的にどんな仕事してるわけ?」

親父「あー、そうだな。








   今日、一人クビ切った。










   そんな仕事だ。」




いやいやいや。アンタ。





人事って採用じゃなくてそっちかよ!!






なんか色々恨み買ってんじゃねーだろうか。





いつか刺されるぞ。






3、



海外に旅行に行ったときのこと。


本屋に行ったんですが。





俺「親父、なんか買ったのか?」

親父「ああ。これだ。」


差し出された本は。










「GTO」と「藍より青し」の英語版。










俺「何処からツっこんでいいのかわかんねえよ。



親父「英語ってのもポイントだな。」



俺「アンタ、英語読めないだろうが。








わけわかんねえ。











なんつーか、よくわからない人です。

が、最後のエピソードなんかはやはり、俺の血縁者だな、と感じさせるところが。

みなさんも、家族というものを改めて見直してみるのもいいかもしれません。




きっと、知りたくない世界まで見えます。







As is the father, so is the son.(この父にしてこの子あり。)
 ぽっぽやでした。














P.S.



ちなみに、俺の父親のイメージは



d0030144_0385581.jpg



こんな感じでお願いします。
[PR]
# by poppoyalawrence | 2006-02-21 00:41

テスト前日に掃除をしたくなる法則。

みなさん。のらみみ。



早いものでもう2月ですよ。




大学生にはテスト、受験生には受験の時期がやって参りました。





もちろん俺も例外ではありません。












…じゃあ、なんで更新してるのさ?
















……。




















座右の銘は『現実逃避』。 ぽっぽやです。

























しかし、あれですよ。












俺はテストで今、法律をやってるわけですが。













あれ、学んでると人間病みます。












これは断言していい。








文章がカタくてカタくて仕方ありません。







普段ライトノベルしか読んでない俺には苦痛極まりない。












Bは甲土地の所有者Aからこれを賃借し、その地上建物をB名義で保存登記している。Aは甲土地を弟であるCに贈与し、併せて、賃貸借上の貸主の地位をCに移転し、これにつきBの文書による承諾を得た。しかし、所有権移転登記はなされないままであった。
CがBに対して、土地賃貸借に基づく賃料の請求をしたところ、登記未経由を理由に支払いをしない。そこで、Cは、賃料未払いを理由に賃貸借契約を解除し、建物収去土地の明渡しを求めて訴えに及んだ。認められるか?










があああああぁぁぁぁ(魂の叫び)




だから頭が(ry

しかし、コレはテスト。

いくら富士見ファンの俺でも、解かなければならないものです。










こういう苦痛な文章は、むりやり萌えに持っていくしかありません。

エキサイト翻訳を使って法律→萌え語に変換するとこうなります。







むかしむかしのお話。最初にAが土地持ってる人、Bが借りてる人がいました。

んで、AがCに土地あげたと。ここでCは妹にしちゃいましょう(弟です。)

Aはお兄ちゃんですから、ついついCに土地をあげちゃうわけですね。

気持ちはよくわかります。

Cが『お兄ちゃん、だーいすき』とでも言えば、Aは2秒で陥落するでしょう。

しかし、Cは土地を手に入れたわけですが、ドジっ娘で登記忘れたと。(しつこいようですが問題文では弟です。)

さて、その土地はBに貸してるものです。当然Bにお金を請求しますよね。

CがBに『土地貸してる代金払って(はーと)』と言ったわけですが

Bは『登記ねえからてめえになんか払わないよwwwwwっうぇwwwwww』と返答。(VIPPERかよ)

そんならCはもう目に涙溜めて言うわけですよ。『じゃあ知らないもん!!出て行って!!』

さて、Cの要求は認められますか?












俄然やる気が沸いてきませんか?










もうこんなの決まってますよね。






妹でドジっ娘のCと、VIPPERのB。










どちらを優先させるかなんぞ、愚問です。











当然、Cの要求を認めるに決まってるじゃないですか。(断言)



























友人U「あ、これね。これはBが勝つでしょ。」


友人K「そうだな。判例にこんなのがあったしな。」
(注 判例 最高裁判所が出した判決。法律上根拠無いくせに事実上極めて拘束力強い。)






どうみても負けです。本当にありがとうございました。




結論:法律と萌えは調和しないらしい。ぽっぽやでした。
[PR]
# by poppoyalawrence | 2006-02-05 15:50